主治医を信頼する契機となった事

患者は医者を信頼

病気の治療で大切な事は患者と医者の信頼関係です。勿論、初めて会う医者の場合は信頼関係も何もありません。
しかし、ある事を契機として患者は医者を信頼する様になります。

 

私はその年の夏に心不全で入院しました。その年は春頃から異常に汗が出る様になり、少し動いても大粒の汗をかきます。
又、尿意を催す事も多くなったのです。
その様な日を送っていると突然息が苦しくなり立っていられなくなりました。横になると楽になります。

 

近くのかかりつけのクリニックへ行き心電図と胸のCTを撮影しました。
その結果、肺と肝臓に水が溜まっている事が分かったのです。クラミジア症状

 

すぐに紹介を受けて総合病院へ行きそのまま入院する事になりました。
入院当日、主治医になるドクターより病状の説明がありました。

 

当面、溜まっている水を抜くのが先決で約10日間の入院になるとの話でした。
入院2日目になってベッドで寝ていて急に苦しくなりました。暫くすると治まります。

 

ナースコールで呼ぶと看護師がすぐに来るのですがその時は治まっています。
指先に器具を取り付けて血中酸素濃度を測っています。

 

お昼前から苦しくなって夕方までに何度も発作が起こりました。
ふと気がつくとストレッチャーに乗せられて何処かに運ばれています。何となく意識が戻ります。

 

運ばれた個室では主治医のドクターではない背の高い若いドクターが診察をしています。
突然背中が痛くなりました。数秒間の激しい痛みがなくなると又、激しい痛みが押し寄せてきます。

 

まるで波が打ち寄せる様に繰り返し痛みが続くのです。思わず叫び声を出しました。喚かねばいられないのです。
若いドクターが何か注射をしてから傷みが治まりました。バイアグラ通販

 

気がつくと主治医がいました。開口一番、主治医が私に言った事は「一番苦しい時にそばに入れなくて申し訳ない」と私に対するお詫びでした。
それ以来45日間の入院生活が続きましたがその言葉が私の主治医に対する見方を変えました。

 

主治医はまだ医長でしたが仕事に対する姿勢は頭が下がる思いでした。
あの言葉が主治医を信頼する契機となった事は間違いありません。良い主治医に担当してもらったと感謝しました。

 

私の不眠症の原因を考えた時に、大きな要因として挙げられるのが「不安」と「ストレス」です。
よくよく考えてみると、私の場合は「不安」より「ストレス」自体の方が脳内に何度も出てきて苦労させられる事が多くありました。

 

そこで、ストレスを軽減することで安眠・快眠に繋げようと思い、ストレスを減じるような作戦をいくつか考えつきました。

 

今回は3つ紹介させていただきます。
1つ目は、あまり細かく考え過ぎないことです。

 

簡単そうで意外と難しいのですが、考えてもどうしようもないことは、どんな人間でも必ず一定数存在します。
それに関してできることは皆無ですので、全く考慮に入れない方が損失が少なくて済みます。これは低ストレス化の思考です。バイアグラ通販

 

2つ目は、自分のルールを他人に適用させないということです。
私はルールやマナーを重んじます。が、電車の中や公共の場でさえ、それができない方々が沢山います。

 

ただ一点注意しておきたいのが、ルールやマナーは法律ではないという点です。
個人の努力によって達成されれば良いと世間が認めているものなので、個人が全体を変えようと思うような発想自体が好ましくありません。

 

また、一個人がどのような努力をしても、社会の構成員全員がマナーを守れる社会は無いと認識することも低ストレス化に通じます。
3つ目、これが最も重要ですが、心から楽しいと思えるものを何でもよいから見つけることです。

 

確かにうつが酷ければそんなことを見つける余裕すら無いかもしれません。
しかし、お寿司が美味しい、Hな本が読みたい、絵本って読みやすくて可愛い、こんな他人にとってはどうでもいいような内容ですら、
本人にとってストレスをかき消してくれる道具となるならば活用すべきです。バイアグラジェネリック

 

まとめると、私はストレスをなるべく感じないような思考を心がけ、またストレスが溜まるならばそれを一定期間で解放し、
自己の精神の安定を保ち、安眠に導くようにしているのです。

 

事実、このような思考を始めてから数週間で寝付きがよくなりました。 
「低ストレス化」と「些細な物でもよいからストレス発散の対象を見つける」この2つを意識してみてください。

大きくなっても子どもはやっぱり小児科で受診を!

 

よく健康第一と言われますが、自分の子どもが病気になった時ほど、この言葉を実感する時はありません。
先日、小4の娘が珍しく発熱し、病院をはしごする事態になりました。

 

最初は高熱が出ただけでそのほかの症状はあまり感じられませんでした。
ですので、至近の内科を受診し、インフルエンザではないことを確認し、よく処方される解熱剤や風邪薬をいただいて帰ってきました。

 

ところが、一向によくならず、しだいにのどが痛くなり、元気もどんどんなくなっていきました。
こうなると、親としてはだんだん心配になってきます。レビトラジェネリック

 

翌々日、そういえば呼吸器に強い内科の先生が隣町にいたことを思い出し、受診してみました。
今度はのどの症状を見て思い当る病気があったようでしたが、先生の言葉は意外でした。

 

「小学生ですから小児科のほうが適切な診断が出せますよ。」
我が家の娘は、中学生と間違えられるほど背が高く、親の私ももう小児科は卒業かな、と思っていたんです。

 

見た目は大きくても、病院は小児科のほうが良かったのか…
後悔しながら、その午後、近くの小児科を受診しました。

 

小児科の先生は娘ののどをひと目見て、見当がついたようでした。
のどの粘膜を採取し、検査して、診断されたのはアデノウイルス。

 

発熱から3日目にして、ようやく診断がつき、効果のある薬をいただくことができました。
もっともアデノウイルスには特効薬がなく、のどの痛みを抑えるなどの対処療法だったのですが…

 

それでも、病名が分かり、今後の治り方に見通しがつくというのは、親子とも心から安心できましたよ〜♪
体の大きさで勝手に大人の病院に連れて行ってはNGなんですね。バイアグラ体験談

 

今回の件で、身にしみてわかりました。
普段は、体は大きいけど中身は年相応と思っていたのに、病気の時はついつい内科に連れて行っていたなんて、
矛盾してましたね…

 

もちろん、今度、何か具合が悪くなったら娘を小児科に連れて行きます。
大きくなっても子どもは小児科、ですね。

生まれながらにアレルギー体質、ぜんそくなどの病気もてつだって、さらには、ぜんそくをとめる薬の副作用で、超肥満体になり、
その体で幼稚園から、大学まで通した私です。

 

健康と一言で言いますが、人はいつ、何で、人生に悪影響を及ぼす状況下におかれるかわかりません。
生命にかかわる病気で、医療の助けを求める、これが私たちの日常で、頻繁に起きていることです。

 

全く病気もせずに健康で生きてこれたと言う人もいないではありませんが、普通、一度や二度、それ以上、お世話になるのがほとんどでしょう。
現代医学は、日々進歩していて、昔とは比べ物にならないくらい発展しています。シアリスジェネリック

 

私も、今、であれば、避けられた悲劇だったかもしれませんが、残念ながら、この副作用というのは、なかなか予測できにくいようです。
身体の健康もあれば、心の健康もあります。私は、太ったために大変な言葉をあびせられ、とんでもない体験をしてきました。

 

大人になった現在、普通に小太りの中年です。
20代で、薬で太ったのは痩せにくいと薬局から言われたことを跳ねのけるくらい、2年半で、自力で、45キロダイエットをして
普通の体を得ることができました。

 

体質が少々変わったのか、生まれながらに体は強くはないものの、同年代で、今なら、スポーツテストをしても負けない、と思える体にはなっています。
確かに、アレルギーの薬は飲み続けなければならないものの、自分で体、体重をコントロールできるまでになっています。

 

入院して痩せる方法もあると言われていたのですが、基本的なカロリー計算による食事と、ウォーキングだけで体重は落ちたのです。
太っていると、それだけで、色々な病気の温床になってしまいます。デパス通販

 

周りが結婚し始めて、奮起した結果のダイエット成功ではありましたが、相手をゲットはできなかったものの、普通の体をゲットしました。
薬を飲んでいるのだから、健康ではないだろうと言われるかもしれませんが、このおかげで、アトピーは軽減されています。

 

結局は、自分の体とどのように付き合うか、医療と上手につきあいつつ、正常に近い生活を送るかが大事だと思っています。

人間は誰でも健康にならなければいけませんが、その中でもとりわけ守られなければならないのは、子どもと老人の健康だと私は思います。
人の健康を守るならまずは小児医療と高齢者医療

 

子どもと老人はどちらも体力的に弱者であるため、それ以外の人よりも病気にかかるリスクがとても高いです。
ですから、極端に言えば健康を考えた医療とは、真っ先に子どもと老人のことを考えた医療だと私は思います。

 

日本に限ったことではありませんが、子どものうちに残念ながら亡くなってしまうケースは決して少なくありません。
やはり、子どもというのは病気に対する抵抗力がまだ十分でないため、大人のようにすんなりと回復することができず、命を落としてしまうケースがあります。

 

ですから、そんな悲劇の子どもたちを少しでも少なくするために、小児医療にまずは力を入れるべきです。
抵抗力の弱い子どものときを乗り越えて大人になれば、病気になっても負けない丈夫な体になりやすいですから、
とにかく小児医療が健康へのキーポイントになります。ニキビに効く薬

 

そして、大人を経験したら次の問題は、老人になったときです。
老人になると、今度は体の各器官が衰えを見せてしまい、なおかつ病気に対する抵抗力も落ちてしまうので、
病気になったとき、死に直結するケースが増えてしまいます。

 

ですから、老人に対する医療、つまり高齢者医療も、小児医療と同じように充実させる必要があります。

 

そうして、小児医療と高齢者医療を充実させれば、人が健康に生きられる期間はだいぶ長くなると私は思っています。
小児医療と高齢者医療を充実させることは決して簡単なことではありませんし、多額の費用や高いレベルの医療技術が安定して必要になります。

 

しかし、小児医療と高齢者医療を充実させなければ、人の健康を守ることはなかなか難しくなってしまいます。
つまり、子どもと老人を医療によって常に守っていくことが、全体的に見て人の健康を守るということにつながっていくのだと、私は強く考えているのです。